UX, UI Review

UX, UIデザインとか、ユーザーリサーチとかについて、ゆるく書いていくよ。

OUI(オーガニックユーザーインターフェース)とは何なのか?

      2014/11/03

最近、モバイルのデザインについて調べている。

その流れで「モバイルフロンティア」を読んでいて、気になった記述があった。

 

・ユーザーインターフェースの進化

以下は、2008年のカンファレンスで、Microsoft の Serface を担当するリサーチマネージャである Dennis Wixon さんが講演した内容らしい。

MF017: Figure 2.12

出典:Sketch note of talk given by Dennis Wixon

 

CLI(コマンドライン インターフェース)

GUI(グラフィカル ユーザーインターフェース)

NUI(ナチュラル ユーザーインターフェース)←いまここ

OUI(オーガニック ユーザーインターフェース)

 

ということらしい。

 

NUIまでは理解できるとして、OUIとは何なのか。

Dennis Wixonさんは、OUIがNUIに取って代わるだろうと予測している。

本書内に書かれているOUIの説明は以下だ。

 

OUIは、ユーザーが状況に合わせて取った行動にインターフェースを合わせます。GUIはマウスとキーボードをユーザーからの入力操作としていたため、OUIは入力内容と出力結果が一致しています。

OUIは非平面のオブジェクトを使用し、そのオブジェクト上で入出力両方の操作を行います。

 

「非平面の」というところを除いて、NUIと同じっぽい。

でも、「非平面の」というのはそれほど重要性を感じないし、何なんだろう…。

iOSのテキスト入力画面でシャッフルすると、「undo」、「redo」ができるみたいなやつだろうか。

タンジブルUIともまた違う気がする。

 

ググったら、以下にOUIの説明が書かれていた。

 

【実践編】第2回 実世界指向インターフェース

普通、人間って握手すると、0.1秒くらいでも、力の入れ具合とか振り具合とかで、相手が自分をどう思っているかわかっちゃうんですね、ああいう感触というのは、マウスでクリックしてメニューが出るよりむしろ早い。こういうインターフェースは今の技術だったら十分できるんじゃないかと。

 

2008年にOUIと言われ初めて、まだその時代が来ていない。

iWatchとかで新しいワクワクするようなUIが出てくることを期待する。

 - UI ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事