UX, UI Review

UX, UIデザインとか、ユーザーリサーチとかについて、ゆるく書いていくよ。

デザイン思考の各ステップで意識すべき8つの言葉

      2014/11/03

http://dschool.stanford.edu/blog/2012/02/03/d-dataviz-describing-the-design-process/

d.dataviz: Describing the Design Process

原文の分析とは若干違うけど、思ったことを書いてみる。

上の画像は、d.Schoolの76人の学生に対して、デザイン思考の各ステップを1センテンスで表現してもらい、それを単語ごとに集計したものらしい。

取り上げられている単語は Users/User、Needs/Need、Ideas/Idea、Solutions/Solution の8つ。

このグラフから、各ステップでどのような事を意識するべきか読み取れます。

 

Step 1. EMPATHY(共感)

UsersではなくUserが多く使われており、ターゲットを絞ることを意識しているようです。一方で、NeedだけではなくNeedsにも意識が向いています。

 

Step 2. DEFINE(問題定義)

このステップでも、UsersではなくUserが多く使われています。Needsについても、「Step. 1 EMPATHY(共感)」と同じ傾向です。

 

Step 3. IDEATE(創造)

IdeaではなくIdeas、SolutionではなくSolutionsが多く使われています。このステップでは、まずは質より量ということです。

大人になってくるにつれて失敗を恐れたりしますが、それでは良いデザインができないので気をつけたいです。

 

Step 4. PROTOTYPE(プロトタイプ)

「Step 3. IDEATE(創造)」の逆です。

IdeasではなくIdea、SolutionsではなくSolutionが多く使われています。

ここでは、あるIdeaにフォーカスして、プロトタイプを創ることが重要。

 

Step 5. TEST(テスト)

Userに重心をおきつつ、Usersにも目を向けています。

デザインをブレイクスルーさせるためには、最終的に多くの人がターゲットになりうるかも考えなければいけません。

 

まとめ

単数形と複数形を使い分けているところが興味深いですね。

わたしは日本語ネイティブなので、あまり複数形を意識しないのですが、それを意識することで、デザイン思考の本質に迫れる。

逆に、日本語の抽象名詞だからこそ表現できる概念とかも、何かあるのかな?

 - Design Thinking , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

jbq
イケてない仕様を逆手に取るUXデザイン

MAGNETOM Skyra 3T – Siemens Health …

ife_bor
カスタマージャーニーマップ、10パターンまとめ

サービスをデザインをするときに、カスタマージャーニーマップ(CJM)をつくること …

6t9
ノンデザイナーでも作れる!Adobe Voiceがプレゼンとかストーリーテリングに便利そう!

Adobe Voice   ストーリーテリングとは? ストーリーテリン …